人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ホームページリンク

ホームページも随分触ってないなと反省しつつ、頭のページだけリンクを更新しました。
他も順次更新していきます。
HPアドレス↓

# by kihonform2000 | 2020-10-24 16:50 | 事務所の出来事

上棟式

あいにくの雨でしたが、「大家族の家」の上棟式が終わりました。
帰り際には雨も小降りになり、帰りの車窓からきれいな夕焼けが見れました。

いよいよ木工事が本格化します。
いろいろ無理を言うかと思いますが、宜しくお願いいたします。
上棟式_c0405911_17061323.jpg

# by kihonform2000 | 2020-10-17 17:03 | 事務所の出来事

自宅件事務所の階段下に書斎をつくり中

階段下でデスクワークができるように、造作中。

自宅件事務所の階段下に書斎をつくり中_c0405911_17133412.jpg

# by kihonform2000 | 2020-10-14 17:11 | 事務所の出来事

畑に水が来た

かねてより生駒市では遊休農地を無料で借りられる制度があり、私は2012年より棚田の1枚を借りて野菜を作っている。
日当たりもよいのだが、唯一用水が雨水しか無いのが難点だった。
基本的には雨水をポリの水槽に貯めることでしのぎ、日照りが続けば近くを流れる川まで水くみをすることで対応していた。
近くの川と言っても歩けば7,80mの距離がある。まあ、それでも今まではそれで特段問題はなかった。

コロナの影響でひょっとして食料が滞ったりしてなどの意識も働き今年はいつもより積極的に野菜を栽培していた。
ところが今年の8月は雨が殆ど降らず、おまけに猛暑で水やりが本当に辛かった。

ただ、隣の畑には以前から水が来ていて、40mくらいの距離をなんとかすれば無尽蔵に水が得られる。

これはもう、ここから水を引くしかないなとなり、結果としてはホースと手動のポンプを組み合わせ、サイホンの原理も利用することで、水を持ってくることに成功した。一応事前に隣の畑の人(同じ遊休農地利用者)には断りをいれてある。
畑に水が来た_c0405911_23360432.jpg
このちょろちょろと注ぎ込む水の音の嬉しさがわかるだろうか。
私は無尽蔵という言葉が好きなのだが、畑では文字通り無尽蔵に野菜が得られる。もちろん季節ごとに種類は異なるが。
ここに新たに水という菜園に不可欠な要素に無尽蔵という言葉を当てはめることが可能となった。
流れの量はこれで必要最小限にして十分である。

これは大げさでもなく我が畑にとっては極めて革命的な出来事なのである。
もう、水桶の残りも気にする必要もない。
雨が少々降らなくても雨乞いをする必要もない。

早速、小さなビオトープも作成した。根菜やイモ類の土落としにも利用できる。
ここの土は水はけは大変良い。こういう水たまりを作るには土を掘ってから表面を水で濡らし、ペタペタとスコップで叩いてやれば
そのうち水が貯まるようになる。水は適度に浸透するので溢れない。
畑に水が来た_c0405911_23360331.jpg
隣の畑からの水は百均で購入したバケツと、ザルとポンプで小さな取水装置をつくった。ホースは3000円程度である。

写真の奥のザルの下にバケツが埋め込まれており、流れてきたドロなどは一旦沈殿させる。ザル越しに上澄みをポンプで吸い上げるが、一旦吸い上げてホースの反対側に水が来ればあとは勝手に起伏を超えて流れてくれる。ポンプは金魚などの水槽の水を抜くためのもので吸口に網がついていて大きなゴミが入らないようになっている。

畑に水が来た_c0405911_23360426.jpg
治水事業や用水路の開発というと、今まであまり実感として何かを感じたことは無かったのだが、この小さなことをきっかけにして全く見方が変わった。






# by kihonform2000 | 2020-09-17 00:23 | 遊休農地で菜園

高槻友人宅の建て方工事が始まる。

「大家族の家」として始まった友人宅のプロジェクト、本日やっと建て方工事が始まった。
高槻友人宅の建て方工事が始まる。_c0405911_22230592.jpg
高槻友人宅の建て方工事が始まる。_c0405911_22232769.jpg
私が現場に到着した11時過ぎ、柱はあらかた立っていて梁をかけているところだった。
猛暑の8月も過ぎ、
秋らしい青空のもと次々と構造が立ち上がっていく。

高槻友人宅の建て方工事が始まる。_c0405911_22245999.jpg
高槻友人宅の建て方工事が始まる。_c0405911_22235861.jpg

2時過ぎには梁もほぼ掛け終わり、水平ブレースが取り付けられつつあった。
個人宅としては大きい物件で最初圧倒されたが、目が慣れてくると設計していた時のイメージに近い馴染みのあるスケールに映るようになった。うん、そうそう、あそこにはあれが付いて、ここはあの部屋で・・・と作図や模型でイメージした形が目に浮かぶ。




# by kihonform2000 | 2020-09-15 22:36 | 事務所の出来事